これが例のあれか

ちょっと前までは、将来のことなんて分からなかったというか、考えもしなかったし、子供を持つなんて発想もなかった。でもいつの間にか、比較的安定した仕事に就いていて、恋人がいて、近いうちに結婚して、子供を作ることになっている。いつの間にか、将来をちゃんと固定して見通しが立つ事が責任になっている。両親も、やっと自分たちの仕事が終わったという感じで喜んでいる。大変なこった。手に職は無いから、子供を産めばこの場所から動けない。20年後もここにいる。30年後には動けるかも知れないけど、その時にはそんな元気もないかも知れない。まあ今の時代、20年後も同じ仕事ができてると考えているのは、きっと甘いと怒れるだろう。仮に同じ仕事ができても、幸せと言わないときっと怒られる。全く大変だ。「安定した仕事に就いて、妻がいて子供を育てて、定年まで 働けました。とても幸せです。」きっとそうだろうと考えている。でも、もっとフラフラ生きてもいいのかなあと魔がさすこともある。もっとも、考えるだけで確証も勇気もない。

せめて季節でも感じて生きようと思って、旬の食材のカレンダーを見て買い物したり、植物の図鑑を読んだりしてる。少し、生活に彩りがでてくることがわかった。普段通る道に、ちょっとした楽しみが加わる。大人ほど季節の移ろいを楽しんでるなあと思っていたけど、同じなのかしら。